カーテンの生地選び

カーテンで模様替え

カーテンの生地の選び方

カーテンは身近な存在で家のどこかには必ずあるものです。
色や生地の種類も豊富にありますので、選ぶのに迷ってしまいそうですが、拘りのある人や、規格外の窓がある家の人はオーダーメイドで注文することもあります。
デザインや色ももちろん大切で、そちらに目がいきがちなのですが、選ぶときに見落としがちなのは生地の厚さです。
例えば、カーテンはデザインだけでなく、果たす機能も実は沢山あります。
日光を遮る役目も果たしますし、騒音などを軽減するようなものもあります。
都市部に生活していると車やバイクが通る音などが深夜まで続くこともありますので、このような機能があるものを選ぶようにすると良いでしょう。
また、西日が直接入るため、夏になると部屋の温度が高くなるなどの場合には遮光カーテンを選ぶと良いでしょう。
遮光性のあるものだけでも生地の厚さや裏地の種類が豊富にあり、選ぶことができるため、自分の家の状況にあわせて購入することをお勧めします。

カーテン選びはデザインだけじゃなく、生地が重要。

カーテンを買う・買い替える時と言うのは、主に引っ越しをして新しい家に住む時ではないでしょうか。
特に、新居マイホームを購入しての引っ越しとなると、カーテン選びにも熱が入ります。
インターネットが普及している現代は、何でも通信販売で買う事が出来ますが、現物を見てからの購入をオススメします。
写真や画像では、生地の質感は伝わってこないので、ちゃんとご自身の目で見て、見本などもありますので触って感触を確かめてみるのがいいでしょう。
また、カーテン生地やインテリアの専門店などですと、自宅に気に入ったものを何点か持って来ていただき、コーディネートに来てくれるお店もありますので、そちらもオススメです。
自宅の部屋と合わせてみると、お店で見た感じと雰囲気もまた違ったりもしますので、自宅で合わせてもらうと間違いないでしょう。
家族も集まり、友人・知人などお客さんも招き入れるリビングは、特に気を使って選びたいところです。

check

2015/9/16 更新

COPYRIGHT(C)カーテンで模様替えALL RIGHT RESERVED